■プロフィール

公安ちゃん

Author:公安ちゃん
ムジチの音楽活動の紹介や日々の生活の話題を提供しています。ブログを通じて、読者との憩いの広場になれば、うれしいです。

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

『スイスの街:バーゼルとベルン』
IMGP0938 (300x199)

旅の終わりに、ドイツとフランスに国境を接する街<バーゼル>にやってきた。街の真ん中にライン川が流れる美しい街だ。水量の豊富な川には、渡り船が走り、小舟に縋り付き水泳を楽しむ子供たちの姿が、何とものどかな風景。<ミュトレ橋>と呼ぶ大きな石橋を見ながら、旧市街の散策。添乗員の話によると、川の上流には、あのインフルエンザ薬タミフルの製造で有名な<ロッシュ社>があると言う。

IMGP0955 (300x199)

IMGP0957 (300x199) 

石畳の街の中心には、<赤い市庁舎>があり、未だに現役であるのに驚く。<大聖堂>前にやってくると、菩提樹の木々が並ぶ公園があり、市民を和ませている。街並みが美しく、しずかな佇まい。
街を通り抜けて、<バーゼル市立美術館>に。ピカソの絵が沢山残されており、他にも山岳画家や中世の画家等豊富な絵画が見えた。

IMGP0976 (300x199)

IMGP0989 (300x199)

 昼食後にバスでスイスの首都<ベルン>に入る。高台にある<バラ公園>からは、中心に流れるアール川とその周囲に広がる<旧市街>の街並みを展望できた。街の屋根はどれも同じレンガ色に統一されており、遠方に<大聖堂>の高い尖塔が聳えている。歴史を感じる見事な風景だ。公園のバラは、終わりの時期だが、多くの市民がくつろぎ、一角では、黒い肌のアフリカ人の男女が、結婚式を終えて記念写真に納まっていた。

IMGP0998 (300x199)

IMGP1034 (300x199)

IMGP1030 (300x199)

世界遺産の<旧市街>の街並みは、さすがに中世のままで、石造りのアーケードが続き、古風な噴水や肖像塔、城門の入口には、高い時計塔があり、時間が来ると<からくり人形>が出て、楽しませてくれた。

IMGP1019 (300x199) 
IMGP1015 (300x199) 

それから、長い橋を渡り、<熊公園>に。ベルンの名の由来は、<熊>からだそうで、それで、熊を大事にしているのだろうか。ところが、何匹もの熊が飼育されているのかと思ったら、2匹の熊が巨体をもてあますかのように、昼寝をしているだけだった。そこで、自由解散となり、周辺を散策して遊ぶ。アーレ川の水量は、さすがにアルプスの雪解け水を集めているためか、溢れるような青い豊富な流れだった。川沿い周辺では、沢山の市民や観光客がゆったりとした時間を過ごしていた。(スイス旅行:おわり)
スポンサーサイト


未分類 | 17:55:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad