■プロフィール

公安ちゃん

Author:公安ちゃん
ムジチの音楽活動の紹介や日々の生活の話題を提供しています。ブログを通じて、読者との憩いの広場になれば、うれしいです。

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

『グリンデルワルトの夏祭り』
IMG_5311 (300x225) 

グリンデルワルトのホテルからアイガーの岩壁がすぐそこに見えており、夕日に赤く輝いていた。ホテルの部屋は、丁度端っこで、窓を開けると広いテラスがあり、そこからは周辺の山小屋風の沢山のホテルが展望できた。どの建物も出窓があり、盆栽に生けた花が植えられている。添乗員さんから、「今晩は、この地方の夏祭りがあるそうですから、楽しんで下さい。」と昼前にお話があった。辺りが薄暗くなる頃になると向かいの広場の方から、音楽が聞こえてきた。夫婦二人でテラスに出て見物。制服を整えたブラスバンド隊の演奏が始まっていた。
 しばらくすると、今度は合唱隊も合流して、ヨーデル等も歌う声が聞こえた。広場には、街の人達や観光客が集まり、子供達が走り回る姿も見られる。しかし、日本の盆踊りのような円陣を組んで踊る風景は見られない。
 テラスから後ろを振り向くと隣の部屋のツアーの同僚の新婚カップルさんもテラスに出ていた。私達のツアーは、16名でほとんどが、定年退職を過ぎたような夫婦連れだった。40代の新婚カップルは、それだけで新鮮さがあった。
新郎は、長身で、誠実そうな頼りがいのある風貌をされていた。新婦は、フランス人のような綺麗な顔だった。
 そのカップルと目があったので、手を振ると向こうも、にこやかに手を振り返してくれた。

IMG_5452 (300x225) (2) 

 フランクフルト空港の待合室でスイス行きの飛行機を待っている時に、新婚さんカップルと向かいになった。私が、「どちらが、スイス旅行を提案されたのですか?」と聞いた。新婦さんが、「わたしなんです。」と。「登山は、あちこち行かれてますか?」と聞くと、「初めての登山で、富士山に登ったのですが、5合目の山小屋に宿泊したら、高山病で頭痛がして、一睡もできませんでした。」「山は好きで、それから、涸沢やあちこち登っています。」と。「奥様は、仕事はされているのですか?」と聞くと、「4月に結婚式をして、今は家にいます。」と。新郎さんは、はにかみながら、会話を聞いていたが、「僕は、もう結婚をあきらめていたのですが、縁あって、この人と結婚できて、両親が一番喜んでいます。」と話してくれた。「仕事から帰ったら、夕飯にしますか、お風呂にしますか?ですかね。」と聞くと、「私の料理を、今は、美味しいと食べてくれます。」と答えられた。その二人の会話を聞いていると、新婦さんが、この人にしっかりと付いて行こうと言う気持ちが感じられ、微笑ましく思った。
 街の夏祭りもそろそろ終わりそうなので、部屋にはいろうとして、向こうを振り返ると、まだ新婚さん達は、テラスに居て、二人だけの会話を楽しんでいる風景があった。いつの間にか、周りは暗くなり、夜は更けていた。

スポンサーサイト


未分類 | 12:09:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad