■プロフィール

公安ちゃん

Author:公安ちゃん
ムジチの音楽活動の紹介や日々の生活の話題を提供しています。ブログを通じて、読者との憩いの広場になれば、うれしいです。

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

『運転手のサミーさん』
IMG_5465 (300x225) 

ユングフラウに登る街<グリンデルワルト>のホテルを朝出発して、専用バスに乗り込んだ。運転手のサミーさんは、体のがっしりした、ハンサムボーイ。朝からハイテンションだ。片言の日本語で、面白い事を喋ったり、バスの中で、両方の座席に両腕を載せて、回転して見せたり。日本からの添乗員の女性は、「この方は、元気が良すぎて、苦手です。」と。
 バスで<マイリンゲン>と言う街ににやって来る。ここは、周辺をアルプスに囲まれた山村。「シャーロック・ホームズ、最後の事件」の舞台となったライヒェンバッハの滝があるので有名な街だ。バスを降りて、街を散策しますと。サミーさんの生まれ育った街らしく、先頭に歩いて案内してくれる。
 
IMG_5463 (300x225) 
IMG_5468 (300x225) 

 駅前の公園には、ホームズのブロンズ像があり、葉巻をくわえた独特の姿が見られた。皆で写真を撮りあった。サミーさんが次に案内してくれたのは、小さな教会だった。教会の中は広く、ステンドグラスが輝き、反響も良さそうだった。すると、サミーさんが教会の壇上に立ち、朗々と得意のヨーデルを聞かせて下さった。サービス精神の旺盛な運転手さんだと皆で感心したのだった。ところが、バスに戻るとサニーさんは、自分の歌ったCDを聞かせ、それが終わると、「よろしければ、私のCDを買って下さい。」と自分の売り込みに余念がない。6~7名の同僚がそのCDを買ったようだが、後で日本円に計算して見ると、一本が3800円だったのに驚いた。なかなか、抜け目のない、商売気のある運転手さんであった。


スポンサーサイト


未分類 | 10:32:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad