■プロフィール

公安ちゃん

Author:公安ちゃん
ムジチの音楽活動の紹介や日々の生活の話題を提供しています。ブログを通じて、読者との憩いの広場になれば、うれしいです。

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

『「旭川リコーダー・アンサンブル」との交歓会』
20170329191208354[1]


去る3月26日(日) 岡山より『旭川リコーダー・アンサンブル』
メンバー3名が新居浜に 『リコーダー・ガールズ』との交歓会 
メンバーの二人は <岡山大学交響楽団>の クラリネット奏者だった
50年ぶりのお顔は 歳月の長さを物語る
特にリーダーのU氏は 失礼ながら<年老いた紳士>
女性お二人は 昔の面影が残っていた
私も白髪の<おじいさん>と 驚かれたようだ
U氏は昔は学生時代から あごひげを生やした<仙人>
いつも長細い顔をして ぼそぼそと物を言い
クラリネットを しゃぶるように吹いていた記憶
それがこんな 優しい<紳士>に変貌しているとは!

聞いてみると 一日一食しか食べてない
明らかに<栄養失調> 何故人並みに食べないかと
問うと<ライオン>は 数日で一食でしょうと
それは<ライオン>は ため食いができるからだと
反論しようとしたが 交歓会なので
止めておいた 今でもまだどこかの
教師をしていると 驚いた


リハーサル後に <アフターヌーン・テイ>を 
昔話や歓談 初めての<スタジオ・プロヴァンス>
オシャレなレストランに 美味しいメニュウに感激
新居浜と岡山のメンバーが 3曲づつ発表
新居浜は リコーダーとピアノ
オーソドックスな 編成だ
岡山は リコーダー3本
<ソプラノ><アルト><テナー><バス>
吹き替え違ったハーモニー U氏のバスは
オーケストラの ファゴット(バスーン)のようだ
どれも難曲ばかり よくリコーダーだけで
アンサンブルをやるものだと 感心!
<コンドルは飛ぶ>は 雰囲気が良かった
<ジョイント>に <モルダウの流れ>他
<アンコール>に <ドヴォルザークの小品>や
<そこにあなたがいてくださることは>他

岡山のリコーダーには <二つの眼玉>
<蝶ネクタイ>の ミニチュアが貼られ
遊び心あり U氏はお笑いの話術あり
大阪の吉本興業でも 通用しそう
こんなに楽しい人間だったかと
半信半疑だった 自分でリコーダーの修理も
リコーダーも良い音色 テクニックも相当な物
器用な人間だ 昔のオケの仲間と
こんな交流が 出来るとは!
楽しい交歓会だった
今後も交流を 深めようと約束し
帰途の車を 見送った




交歓会『旭川リコーダー・アンサンブル』と『リコーダー・ガールズ』

日時:2017年3月26日(日)午前11時 場所:スタジオ・プロヴァンス
<発表会プログラム>
『リコーダー・ガールズ』
1) チム・チム・チェリー:映画「メリー・ポピンズ」主題歌
2) 追憶:スペイン民謡
3) ロザムンデ間奏曲:シューベルト
『旭川リコーダー・アンサンブル』
1) 木星(組曲「惑星」より):ホルスト
2) コンドルは飛んで行く:El condor pasa
3) トリオ・ソナタハ短調2楽章:クヴァンツ
<ジョイント>
1) モルダウの流れ 2)故郷  3)夕焼け小焼け
<アンコール>
1) 「ロマンチックな四つの小品」より第一曲アレグロ・モデラート:ドヴォルザーク
2) そこにあなたがいてくださることは:野呂昶作詞 伊藤康英作曲
3) 未定(岡山)

スポンサーサイト


未分類 | 15:05:28 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-03-30 木 16:35:08 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-03-30 木 16:43:20 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-03-30 木 19:57:36 | | [編集]
Re: ありがとうございました。
> 高木さんから「このまえそちらにおじゃましたときにボクが本を忘れている」との連絡がありました。
>
> その本はもう絶版になっていて、そちらに忘れていたのはボクが図書館からかりてコピーをしたものです。連絡をうけたときはちょっとあわてていて「こっちに送り返してもらうように伝えてください」と高木さんにお願いしたのですが、ボクのほうはもう一度コピーをしますので、よろしければ大野さんのほうでその本をつかってください。
>
> 以前にその本が出版されたときに読んで、内容もさることながら文章の美しさにすごくひかれて一気に読んでしまったものです。
> 読書会もやられているのですね。色々と活躍の広さに、敬服します。いや最初の方を呼んでいると、確かに文章が美しい!死に対する分析が深いと感じました。コピーし直すのも大変でしょうから、11日までに、おくりかえしましょうか?
> いまボクは読書会もやっており、この三年ほど万葉集を読んでいましたが、会員がもう少し軽い本にしたいということで立川さんの本にこの2月からかえたところでした。
>
> ブログの件、ご迷惑をおかけしました。どうもありがとうございました。
2017-03-31 金 02:11:09 | URL | 公安ちゃん [編集]
色々お世話になりました
新居浜には行く気になれば、近いものだと感じました。皆さまの和やかな雰囲気と再会の嬉しさにいまだに酔いしれております。来年も是非開催出来たらいいなと、期待しております。
本のことですが。私も読んでみたいのでアマゾンで注文したよと連絡したら、自分のも頼んでくれとのことアマゾンから、もう発送したとの連絡がありました。びっくりする宇題名ですが、ぜひ読んでみてと薦められました。ですので岡山は2冊中古品をゲットできますのでご安心されてゆっくり、読んでくださいませ。
2017-03-31 金 08:53:35 | URL | Yasuko [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad