■プロフィール

公安ちゃん

Author:公安ちゃん
ムジチの音楽活動の紹介や日々の生活の話題を提供しています。ブログを通じて、読者との憩いの広場になれば、うれしいです。

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

『ピヒラヤの花咲く時』
ナナカマドの花 (300x225)

001727460006019[1] 001727460007019[1] 001727460008019[1]   

正月の夜、沢口靖子と内藤剛志主演の<科捜研の女>をテレビで見ていた。最近の科学捜査は、あらゆる科学技術を駆使して、犯人の特定に迫る。今回の事件は、25年前の事件と同じ幼児誘拐事件とどうも関連があることがわかってきたのだ。筋書が面白かったせいか、久しぶりに眠らず、最後まで見れた。
 その中で、25年前に自分の子供を誘拐された母親が、クラシックファンで、色々なクラシックのレコードやCDを聞いていたようで、その中に<ピヒラヤの花咲く時:シベリウス)と言うピアノ曲も入っていたと紹介されていた。
 私は、シベリウスは好きだが、ピアノ曲は、ほとんど知らなかった。調べてみると、<ピヒラヤ>とは、日本の<ナナカマド>と同じで、森林に多く、秋には真っ赤な紅葉になる、綺麗な木だ。私は、昔登山をしていたので、ナナカマドの赤い実や紅葉は、見たことがあるが、白い花は、まだ見たことがない。フィンランド出身のシベリウスは、森や湖をよく散歩して、美しい自然をよく観察していたに違いない。そこから、こんなピアノ曲も、浮かんできたのだろう。この曲は、<樹木の組曲>の五つの小品の最初の曲のようだ。5曲を聞いてみたが、やはり、最初の<ピヒラヤの花咲く時>が、一番美しいと思った。フィンランドの極寒の冬が終わり、雪解けの季節の清らかな空気の中で、<ピヒラヤ>の白い花を見つけた時の感動は、格別なものがあるだろうと、想像したのであった。そんな美しい曲だった。それぞれが、短い小品であるが、ピアノ発表会等では、よく演奏されるそうだ。皆さまも、一度聞いてみて下さい。


シベリウス : 5つの小品(樹木の組曲)
Sibelius, Jean : 5 Pieces Op.75
ピアノ独奏曲 [pf] / 曲集・小品集
作品概要
楽章・曲名 演奏時間
1 ピヒラヤの花咲くとき / "When the mountainash in flower"  2分 00秒 --

2 さびしい樅の木 / "The lonely fir"  2分 30秒 --

3 ポプラ / "The aspen"  2分 30秒 --

4 白樺の木 / "The birch"  2分 00秒 --

5 樅の木 / "The fir"  3分 00秒 --  

12分 0秒
作曲年:1914
出版年:1922
初出版社:Hansen






スポンサーサイト


未分類 | 10:46:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad