■プロフィール

公安ちゃん

Author:公安ちゃん
ムジチの音楽活動の紹介や日々の生活の話題を提供しています。ブログを通じて、読者との憩いの広場になれば、うれしいです。

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

『出雲大社のお参り』
IMGP0583 (300x199)

先日の<文化の日>の前日に、出雲大社のお参りを果たした。これまで、松江には、何度も旅行に来ていたのだが、出雲大社には、一度もお参りしていないのに気が付いた。松江には、大抵車を運転してきていたので、松江の観光をすると、早く帰らなければと思い、出雲まで足を延ばす気持ちになれなかったのだろうか。出雲はいつでも、また行けると思っていたのかも知れない。
 今回の島根訪問は、大学時代の旧友と再会する、もう一つの目的もあったのだ。
岡山から、特急<やくも>で、3時間。かなり遠く感じた。出雲駅で降り、バスに乗り代え、大社前で降りると、大社までは、長く良く整備された門前街が続いていた。道路の両サイドには、土産物店や食事処が沢山並んでいる。

IMGP0585 (300x199)

 白い舗装された道路を進むと、<出雲大社>と書かれた看板のある、最初の鳥居が見えた。それから、3つも4つもの幾つもの鳥居があり、最後の鳥居を超えると、今度は下り坂となる。これは、珍しい事だ。周辺の木々は、少しずつ紅葉が始まり、色付いている。黄色い<ツワブキ>の花が、植えられている。

IMGP0589 (300x199)

 石橋を渡ると、松並木となり、拝殿まで連なっている。水で手を清め、いよいよ拝殿のお参り。昨年改修が終わり、太い藁を編んだ連縄が天井からぶらさがる。<二杯四拍手一杯>と書かれている。それを終えると、今度はいよいよ本殿の参拝。人混みも増えてきた。入り口には、赤と白の菊が飾られていた。それからも、幾つもの木造の社が幾つもあり、どれも立派な建物だ。

IMGP0598 (300x199)

IMGP0612 (300x199)

IMGP0601 (300x199) IMGP0606 (300x199)


 大国主大神を祭っている、本殿には、幾つもの茅葺の屋根で作られた社があり、長い塀で囲まれ、中には入れない。さすがに、歴史のある風格を感じる建物だ。
 参拝を終えると、清々しい気分になった。日本の国を広める、元となった神社だから。

IMGP0622 (300x199)

裏道を回り、大社前の道に出た。この道を右手に向かうと、海岸に出て、<稲佐の浜>が見えるはずと、夫婦二人で歩いた。10分位と聞いたが、歩くとかなりの距離だ。風も強く、寒くなってきた。ようやく、海岸が見えたが、波が大きく揺れていた。防波堤を降りると、砂浜の向こうに<弁天島>と思しき、小さな岩山が見えた。若い女性二人が、写真を撮っていた。中腹に鳥居が見える。本殿の屋根の一部は、この島の方角をも向いていると聞いた。さすがに、日本海と思わせる、大波がうねっていた。僕達は、近くのバス停の時間が迫っているので、残念ながら、長居はできず、この眺めを目に焼き付かせるに留めたのだった。





スポンサーサイト


未分類 | 15:44:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad