■プロフィール

公安ちゃん

Author:公安ちゃん
ムジチの音楽活動の紹介や日々の生活の話題を提供しています。ブログを通じて、読者との憩いの広場になれば、うれしいです。

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

『追憶』
IMG_4483 (300x225)



IMG_4495 (300x225)


 先日、9月19日 敬老の日
<追憶>を リコーダー・ガールズ
演奏した もう一曲は<野ばら(ウェルナー)>
日本の歌だけでは 面白くないので
私が外国の歌もと この2曲を選んだのだ
<追憶>は 中学の音楽の教科書にあり
歌った気がする どこか哀愁を帯び
しかも元気のでる歌で 昔から好きな歌だ
最初に長調の主題のテーマがあり 次に短調に転調して
がらりと違った メロデイとなり
最後に再び 最初の長調主題のメロデイで終わる
この転調の部分を 二本のリコーダー
スタカットで 二つの和音を刻むのだ
これがすごく 効果的だった
まるで弾むような 気持ちになる
「これに 歌を入れてみましょうか」と
私がリコーダーとピアノの上に
歌詞を歌ってみた するとガールズの
皆さんが拍手して 「とっても素敵!」
「本番でも歌ってください」と 言われてしまった
「いやいや女性に 上手な方がいくらでもいるから
誰か女性が歌って」と 私は言ったのだが
「これは男性の声の方が マッチします」と
おだてられて 結局私が歌う破目に!
最後の<ああなつかしその日>
リットを掛けて 終わろうと
最後のピアノ伴奏も 美しい

IMG_4502 (300x225)

ところで<追憶>は スペイン民謡と
なっているが よく調べてみると
そうでもないらしい 
アメリカの詩人 Mary S. B. Dana作詞による
“Flee as a Bird to Your Mountain”が
元唄のようなのだ アメリカ留学した
音楽取り調掛が 明治12年に日本に持ち帰り
古関吉雄が 作詞して
広まったのが 真相のようだ

IMG_4518 (300x225)

敬老の日に ある総合福祉施設で
行った音楽会には リコーダー・ガールズの他に
<ハワイアン><女性コーラス><フォーク・トリオ>も
出演し 賑やかなコンサートになった
2階大ホールに集まった 利用者の皆さんは
目を輝かせ 最後まで熱心に聞いて下さった
アンコール拍手が 起こったので
<四季の歌>を 全員で合唱して
お開きとなった 皆さん満足顔で
帰られていた 付き添いの女性職員が
「とってもよかったです 感動しました
また来てください」
と お礼を言って下さった



img305 (192x500)


img306 (346x500)


img307 (359x500)

img308 (461x500)




スポンサーサイト


未分類 | 11:42:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad