■プロフィール

公安ちゃん

Author:公安ちゃん
ムジチの音楽活動の紹介や日々の生活の話題を提供しています。ブログを通じて、読者との憩いの広場になれば、うれしいです。

■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

『安曇野ちひろ美術館』
IMGP0469 (300x199)

安曇野に、岩崎ちひろ美術館があるのを知っていた。安曇野に行けば、この美術館とわさび農園は、最低行こうと決めていた。そこで真っ先に訪れた。穂高駅を降りると、周遊バスがあると書いていたが、とても時間が合わない。仕方なく、タクシーに乗った。美術館は、北アルプスの峰々に囲まれた、緑豊かな丘に建っていた。木製の平屋建てが幾つかあり、入り口には、既に大勢の入館者の列があった。

IMG_4313 (300x225) IMG_4310 (300x225)

 中に入ると、ちひろの絵を展示する部屋が、幾つもあり、時代毎に、ほのぼのとした、独特な優しい絵を鑑賞できた。「どうして、こんなに優しい子供達の顔や姿が描けるんだろうね。」と妻と語り合いながら、巡った。その絵は、薄くぼんやりと描かれており、色彩がとても綺麗だ。所々にインクが滲んだような所もあり、それがまた、空想の世界を広げているようだ。子供の顔は、決して立体的ではないのだが、頬に紅を添えるだけで、ふっくらとした顔になるから不思議だ。必ず、可愛い帽子やスカーフやリボンを付けている。

img286 (261x300)    img285 (300x287)  img287 (300x266)

 僕達は、もうかれこれ10年も、水彩画を習っているが、とても人物は描けない。それが、羨ましい。デッサンを習っていないからだ。ちひろの略歴を読むと、14歳から、デッサンや油絵を習いに教室に通っている。
 館内には、昔の小学校のような、子供と絵本を読んだり、遊んだりできる教室もあり、親子連れが遊んでいた。喫茶店や土産物店でくつろいで、もう一度外に出ると、木陰で小さな赤ちゃんと休む親子の姿もあった。

IMGP0480 (300x199)

IMGP0473 (300x199)

IMGP0484 (300x199)

 美術館の回りは、広々とした公園で、あちこちに展示室等があった。白い道を歩いてゆくと、ブルー・サルビアを植えた花壇が広がっていた。その先には、新しく<トットちゃん広場>がオープンしており、古い電車を改装して、黒柳徹子の<窓際のトットちゃん>を再現しているようだったが、僕達は、ゆったりとした時間を過ごしすぎたので、切り上げて、次の<わさび農園>に向かう事にした。





スポンサーサイト


未分類 | 17:38:04 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
公安さんこんにちは。
大変ご無沙汰して申し訳ありません。
この夏は本当に暑くて大変でした。やっと秋らしく涼しい季節になりましたね。
信州の旅行記を読ませて頂きました。色々楽しい事や、又、思わぬハプニングもありでの旅が詳しく書かれていて良く分かりました。
丁度、私達も八ヶ岳倶楽部に行きたいと思っていたのですよ。
秋には目に鮮やかな紅葉の季節がやってきますね。
夏、秋は絶対、信州です。

2016-09-24 土 19:59:47 | URL | ワックスフラワー [編集]
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
八ヶ岳クラブも、いいですが、ぜひ、<清里:清泉寮>にも、行って下さい。ここの方が、施設も多く、雄大で、心地が良いと思います。
2016-09-27 火 16:36:30 | URL | kimiyasu [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad